ココを見るべき矯正歯科

分かりやすい説明は専門の知識があるから

治療方針についての説明

矯正治療は、患者さんと矯正治療を行うスタッフが共に足並みを揃え、力を尽くしていく必要があります。簡単にいかないからこそ、こうした協力関係が必要になるのです。
矯正治療は、どちらかが無理をして勝手な判断で決めつけてしまうと、治療が進みません。つまり歯科医師は、こうしたリスクも含めてそれだけ繊細な治療であることを患者さんにしっかりと説明する義務があるということです。患者さん自身が、治療の大切さを理解し、医師を信じることができる。そのためには、治療の際の説明が、医師目線ではなく、患者さんに分かりやすいものであることが大切です。
患者さんの心情に寄り添い、時には説明に対する質問も受けられるなど、関係性が温かい環境を作れるか、それも矯正歯科選びに欠かせません。

メリットやデメリットも

矯正治療の際、ときには予定通りにいかない場合もあります。体調や個人差によって、効果の発現時期やタイミングには違いが生じるもの。すぐに効果の兆しが現れるものの、予定するところまでの効果まで時間がかかるというケースもありましょう。また矯正器具を装着する上ではデメリットも多々あるもの。しかし、医師とすれば治療の際に生ずるデメリットは、患者さんが知ることで治療そのものを止めてしまうおそれも生じます。
こうしたメリットやデメリットについても、おそれず事実をしっかりと明示する矯正歯科医師は誠実性があります。生じうるリスクも説明してくれることで、未来の不安の軽減も図れます。
つまりメリットやデメリットを隠さず説明してくれるか、それは矯正歯科選びに欠かせないポイントなのです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ